『最果てアーケード』小川洋子2021-10-21

2021-10-21 當山日出夫(とうやまひでお)

最果てアーケード

小川洋子.『最果てアーケード』(講談社文庫).講談社.2015(講談社.2012)
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000212073

続きである。
やまもも書斎記 2021年10月14日
『いつも彼らはどこかに』小川洋子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/10/14/9431966

連作短篇集である。

収録するのは次の作品。

衣装係さん
百科事典少女
兎夫人
輪っか屋
紙店シスター
ノブさん
勲章店の未亡人
遺髪レース
人さらいの時計
フォークダンス発表会

舞台となるのは、どこにあるともしれない、小さなアーケードの商店街。そこで一人の少女を主人公として、各店での出来事がつづられる。どの店もちょっと変わっている。繁盛しているという店はあまりないようだが、いつかどこからかあらわれる客を待って、店をやっている。

アーケードについて作者はこう記す……「もしかするとアーケードというよりも、誰にも気づかれないまま、何かの拍子にできた世界の窪み、と表現した方がいいのかもしれない。」(p.10)

その「世界の窪み」にある店も、おとずれる客も、ちょっと変わっている。

だが、奇怪という感じではない。ちょっと変わってはいるが、どこにでもありそうな、どこにでもいそうな店であり、人びとのいとなみである。それらが、小川洋子の独特の透明感のある文章で、語られる。読んでいる間、このちょっと変わったアーケードの人びとにつきあうことになる。その時間が、この短篇集を読む楽しみというべきなのであろう。

2021年6月11日記

追記 2021年10月25日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年10月25日
『沈黙博物館』小川洋子
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/10/25/9434850

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/10/21/9433750/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。