CH87(5)2010-08-07

2010-08-07 當山日出夫

松田訓典さん、彌永信美さん、永崎研宣さん、下田正弘さん
フランス語仏教辞典『法寶義林』目録のデジタル化とその課題-TEIガイドラインの適用を通して-

この発表、二つの観点から見ることができるだろう。

一つは、額面通りに『法寶義林』のデジタル化の課題として見る。もう一つは、TEIの応用事例として見る視点。私の場合、どちらかといえば、後者、つまりTEIの具体的な活用事例の報告としてきいていた。

おもいおこせば、何年前になるか……TEIが、日本にはじめて紹介されようとしたとき、まだ、パソコンの黎明期であるが……すこしだけだが、かかわったことがある。

その時の議論はいろいろあった。たとえば、そもそも、テキストをマークアップするとはという話しもあれば、はたして、(日本語の)テキストをマークアップ可能であるのか、というようなことまで。

研究会の質疑のときにも、やはり、この点について質問があった。なぜ、TEIであるのか。その必然性はどこにあるのか。

この問いかけはそれなりに意味はみとめられる。しかし、今、日本において必要なのは、TEIの普及啓蒙ではないだろうか。これが言い過ぎなら、もう少し、TEIについて知られていてもよい。今、TEIについて、日本語ではほとんど情報がない状態がつづいている。これは、なんとかする必要があるだろう。

とはいえ、実際にTEIが日本でなじみのあるものになるには、かなり厳しいかなと感じないではない。このことを理解したうえで、意欲的な発表であったと思う次第である。

當山日出夫(とうやまひでお)