『潮騒』三島由紀夫/新潮文庫2022-04-29

2022年4月29日 當山日出夫(とうやまひでお)

潮騒

三島由紀夫.『潮騒』(新潮文庫).新潮社.1955(2020.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/105044/

若いときに読んだ作品である。何度か映画化されているのだが、私は映画になった『潮騒』は見ていない。(若いとき、映画は好きだったが、アイドルをつかったような映画はあまり好きではなかった。)

三島由紀夫というのは、意識、認識について書いた文学者であると思っている。場合によっては、それが過剰にも感じられる。少なくとも、素朴な意味でのリアリズムの作家ではない。

この小説は、リアリズムの純愛小説として読める。しかし、他の三島由紀夫の作品を読んだ目で見るならば、一見するとリアリズムに見えるこの小説のあり方は、全部まるごと、認識の生み出した虚構の世界であるとも感じとれる。およそ文学とは虚構であるという意味では、この小説も虚構の産物、認識の作りだした世界である。

私がこの純愛小説(といってもいいだろう)に感じとるのは、その根底にある壮大な虚構を生み出す認識である。

とはいえ、読みなおしてみて、印象に残っているのは、やはり、焚き火のシーンである。近代の日本文学のなかで、最も印象に残るシーンの一つではないだろうか。

2022年4月19日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/04/29/9485801/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。