『出発は遂に訪れず』島尾敏雄2017-02-27

2017-02-27 當山日出夫

島尾敏雄.『出発は遂に訪れず』(新潮文庫).新潮社.1973 (新潮社.1964)
http://www.shinchosha.co.jp/book/865162/

このところ、島尾敏雄の本など読んでいる。『狂うひと』(梯久美子)を読もうと思ってのことである。

やまもも書斎記 2017年1月26日
『死の棘』島尾敏雄
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/26/8333549

やまもも書斎記 2017年2月12日
『魚雷艇学生』島尾敏雄
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/12/8358121

それから、その妻(島尾ミホ)の本。

やまもも書斎記 2017年2月10日
『海辺の生と死』島尾ミホ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/10/8356483

この作品「出発は遂に訪れず」は、『死の棘』とならんで、島尾敏雄の代表作といってよい。太平洋戦争末期の、特攻隊(震洋)の隊長としての経験をつづっている。

短編集である。「島の果て」(昭和21年)からはじまって、「出発は遂に訪れず」(昭和37年)までをおさめる。解説にしたがうならば、これらの作品は、題材やテーマにより、多岐にわたる。特攻という戦争体験をあつかったものもあれば、『死の棘』に通じる、妻や子供のことを描いたものもある。あるいは、自分自身を漂泊者、亡命者のごとくみなした紀行文的な作品もふくむ。島尾敏雄の文学の種々の側面を、この短編集に読み取ることができよう。そして、それらは、おそらくは、『死の棘』に結実していくものとしてある、といってもよい。

ただ、上記の妻・島尾ミホの書いた『海辺の生と死』とあわせて読むならば、冒頭におかれた最初の作品「島の果て」、そして、最後の作品「出発は遂に訪れず」が、興味深い。

太平洋戦争末期の奄美大島、そこに配属された特攻隊(震洋)の隊長(作者)と、島の娘との出会い……それを、男(作者)の側から描いたものが、本書であるとするならば、女(後に妻となる)の側から描いたものが、『海辺の生と死』に所収の「その夜」ということになる。

私の場合、たまたま、島尾敏雄の作品の方から先に読むことになった。これが、逆だったら、どんな印象をいだくことになったろうか。ともあれ、特攻をひかえた兵士のもとに、死を覚悟して、夜しのんで会いにいく女の姿は、どちらの側から描いても凄絶である。そして、その描写は、それぞれ微妙にちがっている。これは、男性の立場と、女性の立場の違いもあるし、同じことを題材に描いていながら、昭和21年に書いたものと、昭和37年に書いたものの違いもある。

これについて、「事実」がどうであったかを詮索するのは、文学を読むということからは無意味なことなのだろうと思う。どの作品も、その作品の書かれた視点からみれば、「真実」を描いているものである。

整理してのべるならば、この『出発は遂に訪れず』という短編集は、二つの観点から読むことができよう。

第一は、最終的に『死の棘』に結実していくことになる、いろんな要素をふくんだ短編小説群として、読む。

第二は、妻・島尾ミホの書いた作品と対照させて、それを後の夫の立場から見た作品として、読む。

この二つの観点から、この短編集を読み解くことができようか。

感想めいたものをしるすならば、島尾敏雄の眼は、どこか冷めたところがある。それに対して、島尾ミホの文章は、情熱的である。このような視点のちがいが、後の『死の棘』にどう描き出されるのか、そう考えて見ることもできよう。

ともあれ、現代日本文学のすぐれた作品として、これらの作品があるということを、堪能すればそれでいいのだと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/27/8377810/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。