『文鳥・夢十夜』夏目漱石2019-11-14

2019-11-14 當山日出夫(とうやまひでお)

文鳥・夢十夜

夏目漱石.『文鳥・夢十夜』(新潮文庫).新潮社.1976(2002.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/101018/

続きである。
やまもも書斎記 2019年11月9日
『倫敦塔・幻影の盾』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/09/9174436

ここには、漱石の小品をおさめる。あるいは、エッセイと言ってもいいかもしれない。小説というよりは、随筆とでも言った方がいいだろうか。が、ともあれ、これを読むと漱石がすぐれた「エッセイスト」であったことが分かる。

次の作品を収録している。
「文鳥」
「夢十夜」
「永日小品」
「思い出す事など」
「ケーベル先生」
「変な音」
「手紙」

読んで印象に残るのは、「文鳥」。ふとしたことから飼うことになった文鳥のことが、淡々とした筆致でつづられる。そこに、過去の淡い記憶が重なって、なんともいえない叙情性を感じさせる。

「夢十夜」。この作品が、漱石理解のうえで重要な位置を占める作品であることは、承知しているつもりでいる。ただ、夢の話がつづく。小説というのとはちょっと違う雰囲気がある。が、随筆でもない。奇妙な印象が残る作品である。しかし、読後感としては、漱石という作家の深奥にふれたような印象がある。

「思い出す事など」。いわゆる修善寺の大患の前後のことを記している。漱石は、危篤状態におちいっている。あるいは、一度死んだとでも言ってもいいかもしれない。その病気のこと、その前後の宿のこと、病院のことなど、冷静に語っている。

一度死にかけた体験を、このように冷静な、しかし、どこか温かみのある文章で、つづることのできた漱石は、あるいは、このような文章を書くことによって、自分の生死を、深くみつめているように感じる。そして、この作品中には、多くの漢詩・俳句が出てくる。生死の間をさまよう体験をした漱石をささえていたのは、前近代からの文学的伝統である、漢詩文や俳諧の世界であったのだろうか。だが、それを書いている漱石の目は、近代人のものである。

修善寺の大患が、漱石の文学にとってどのような意味があるのか……このところが、今どのように考えられているのか、近年の漱石研究にうとい私は知らないのだが、ここ収められている文章を読むと、後年の漱石が、ある意味では、人間を達観視しているようなところがあるかと、思ってしまうところがある。人間のエゴイズムを描くためには、一度自分が、自分自身のエゴイズム……それは「生」の根源にかかわる……を、とことん掘り下げて、通過したところの視点をおく必要がある。漱石の文学を理解するためには、重要な意味のある作品であると思う。

さて、ようやく、これまであまり読んできていなかった漱石作品を読んで、次は、長編小説である。『坑夫』を読むことにする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/14/9176708/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。