梅の花芽2022-03-02

2022年3月2日 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真の日。今日は梅である。

前回は、
やまもも書斎記 2022年2月23日
木瓜の冬芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/23/9466642

年が明けてから、ときどき様子を見に行っている木である。一月のころは、冬芽で、いかにもまだ寒い冬という感じであった。それが、ここにきて少し暖かくなってきたせいもあるのだろう、花芽と言っていいような状態になってきた。もうじき、つぼみと言えるようになるかもしれない。

写真に撮るのは、比較的下の方の枝である。あまり陽当たりがよくない。上の方を見上げてみると、太陽のよくあたるあたりの枝は、より季節の進み具合を感じるようでもある。例年、上の方の枝に早く花が咲く。ただ、接写で写真に撮ろうとすると、せいぜい目の高さにところぐらいしか写すことができない。

沈丁花の花が、もうじき咲きそうになってきている。また、木瓜を見ても、これも花芽と言っていいような様子になってきている。山茱萸の木を見ると、ようやく花が咲きそうな雰囲気である。

三月になると、冬も終わり我が家でもいくつか花が咲くかと思う。季節の移ろいを、これからも写真に撮っていきたいと思う。

梅の花芽

梅の花芽

梅の花芽

梅の花芽

梅の花芽

梅の花芽

Nikon D500
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

2022年2月28日記

追記 2022年3月9日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年3月9日
桜の冬芽
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/03/09/9470771