『白痴』(4)光文社古典新訳文庫2018-12-27

2018-12-27 當山日出夫(とうやまひでお)

白痴(4)

ドストエフスキー.亀山郁夫(訳).『白痴』(4)(光文社古典新訳文庫).2018
http://www.kotensinyaku.jp/books/book285.html

続きである。
やまもも書斎記 2018年12月25日
『白痴』(3)光文社古典新訳文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/12/25/9017010

光文社古典新訳文庫版の『白痴』は、原作の構成にしたがって四冊につくってある。この四巻、ほとんど一気に読んでしまった。読み返すのは、一~二年ぶりぐらいになるだろうか。たしか、この前は、新潮文庫版で読んだように憶えている。(まだ、その時、この光文社古典新訳文庫版は完結していなかった。)

新しい訳で読んでみて、『白痴』というのは、こんなにもドラマチックな小説であったのかと、改めておどろいた。途中、少し、読むのに難渋するところがないではない。特に、波瀾万丈の事件が起こるということもない。だが、そこには、複雑で深淵な人間ドラマがある。この人間ドラマを読み取れるようになったというのが、今回の新しい訳で読み返した収穫と言っていいだろう。

だが、そのような人間ドラマがあることは理解できるのだが、そのせいもあって、より一層、この作品の謎がふかまったという印象もある。はっきり言って、この作品が、いったい何を語ろうとしている作品なのか、さらに分からなくなったというのが正直なところ。

ここは、ドストエフスキーの作品を一通り読み返してみてから、再度、この『白痴』にたちかえって、読み直してみたい気がしている。

そうはいっても、今回読み返してみても印象的なのは、やはり、最後のシーン。ナスターシヤの死体を前にしての、ムイシキン公爵とロゴージンの二人。おそらく、世界の文学の中でも、このシーンは、もっとも印象に残るひとつではないだろうか。

訳者(亀山郁夫)の「読書ガイド」を読んでも、今ひとつ理解ができないところがある。それほど、この『白痴』は謎に満ちた、しかし、魅力的な作品と言っていいだろう。ロシアにおけるキリスト教、それから、ドストエフスキーにおけるキリスト教というものへの理解が、不可欠であることは理解される。

だが、そのような知識がなくても、十分にこの作品は魅力的である。(といって、知らなくていいというのではないが。)

『白痴』の次に読みかけているのは、『罪と罰』。これも、読み返すのは、何度目になるだろうか。今年のうちには、読んでしまえると思っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/12/27/9017726/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。