『わろてんか』あれこれ「見果てぬ夢」2018-03-18

2018-03-18 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第24週「見果てぬ夢」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/24.html

前回は、
やまもも書斎記 2018年3月11日
『わろてんか』あれこれ「わろてんか隊がゆく」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/03/11/8801356

この週の見どころは、検閲だろう。

これまでの朝ドラで、表現するものと、それに対する規制のことが描かれなかったわけではない。近年の例でいえば、『とと姉ちゃん』『ゲゲゲの女房』などに、出てきたと憶えている。

てんたちは、『お笑い忠臣蔵』を制作しようとするのだが、検閲にひっかかる。どうやら、裏でライバル会社の帝国キネマが手をまわしているらしい。このあたり、そのようなことで、内務省の検閲が左右されることがあるのかどうか、ちょっと気になったところではある。

ともあれ、北村笑店では映画制作にすすむことになる。そして、最後のシーンでは、伊能栞がひとり静かに去って行くところで終わっていた。たぶん、伊能栞が自ら身をひくことで、映画の制作をなんとかしようというこだったのだろう。

ところで、次週は、いよいよ太平洋戦争ということになるらしい。これまで朝ドラでは、幾度となく戦争というものを描いてきた。今、再放送している『花子とアン』も、まさに戦時中のことで進行している。

戦争中、はたして、お笑い芸能はどのように見られていたのだろうか。軍隊に慰問に訪れるだけの存在ではなかったはずである。普通の人びとの生活にとって、お笑い芸能がどんなものであったのか。また、芸人にとって戦争とは何であったのか。このあたり、どう描くことになるのだろうか。

しかし、戦時中に忠臣蔵の映画を作ったりしていて、戦後になって、今度は、GHQの検閲にひっかかるかもしれないと、この先のことも気になってしまう。

このドラマも後二週である。玉音放送まであるのだろうか、これも気になるところである。

追記 2018-03-25
この続きは、
やまもも書斎記 2018年3月25日
『わろてんか』あれこれ「さらば北村笑店」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/03/25/8810855

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/03/18/8805806/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。