新・映像の世紀(3)「時代は独裁者を求めた」2021-07-02

2021-07-02 當山日出夫(とうやまひでお)

新・映像の世紀(3) 時代は独裁者を求めた~第二次世界大戦~

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月25日
新・映像の世紀(2)「グレートファミリー」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/25/9391317

この回は、第二次世界大戦。そこで中心的に描いていたのは、ヒトラーのことだった。

このことはかなりいわれていることなのだが、ヒトラーの政権は合法的に獲得された。そして、そのヒトラーのドイツ、あるいは、ヨーロッパ制覇にに対して、どの国もが否定的だったのではない。アメリカなど、ドイツと、通商関係を通じて、深い利害関係にあった。簡単に、反ナチスということにはならない。

この意味では、日米の戦争が、どれほど具体的な利害関係にもとづくものであったのか、検証の必要があるだろう。アメリカは日本に否定的であった。だが、日本に対して、どのような権益の対立があったのか、これは、また別に問題として考えることになるだろう。

また、第二次世界大戦の終わりを、九月二日といっていたのが印象に残る。八月一五日としていなかった。九月二日は、日本が戦艦ミズーリにおいて降伏文書に調印した日である。

どうでもいいことかもしれないが、番組の最後、資料提供のなかに、靖国神社の名前があった。いったいどんな映像資料をつかったのだろうか。

それにしても、新・映像の世紀は、歴史に対して批判的である。この回の最後の台詞は、やはりこころに残る。ユダヤ人強制収容所で何が行われていたのか。戦後、ドイツ国民は見せられることになる。「知らなかった」。それに対してこたえる。「いや、あなたたちは知っていた」と。

これは、現代の世界の情勢についてもいえることだろう。独裁的な政権は、世界中に多くある。そして、そこで、何が行われているのか、その一部は、報道でも知ることができる。だが、表面上、国際協調、善隣友好の名のもとに、不干渉の立場をとることになる。

だが、歴史はかならず変わる。どのような方向に変わるかは分からないが、かならず変わる。第一次世界大戦、第二次世界大戦、冷戦、ベルリンの壁の崩壊……大きな歴史の変革を、人類は経験してきている。

これから、世界がどうなるかわからないが、ただ、それを「知らなかった」で済むことは、もはやない。グローバリズムとWEBが世界を覆っている時代である。何があっても、どこかで誰かが記録し、発信し、知ろうと思えば、いくらでも知りうる時代になってきている。

「知らなかった」とはいえない時代に生きていることを、つよく思う。

2021年7月1日記

追記 2021年7月9日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年7月9日
新・映像の世紀(4)「世界は秘密と嘘に覆われた~冷戦~」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/07/09/9396202

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/07/02/9393663/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。