『西郷どん』あれこれ「西郷どん」スペシャル22018-07-10

2018-07-10 當山日出夫(とうやまひでお)

NHKはいったい何を考えているのか……まあ、確かに、前回のスペシャルもそれなり面白かったといえば、面白かったのであるが、しかし、無くてもよかったように思う。ここにきて、スペシャル第二弾である。

ドラマの展開としては、遠島になっていた西郷が、呼び戻されて、これから倒幕の志士として活躍する、その直前で、今後の展開についての解説といったところだろうか。

取り上げられていた登場人物は、坂本竜馬、勝海舟、岩倉具視、桂小五郎、である。ドラマとしては、これらの登場人物によって、幕末から明治維新を描こうということである。

ちょっと気になったこと……それは、「革命」ということばを、番組中で使っていたことである。明治維新は、「革命」なのであろうか。いや、そうではなく、これからこのドラマは、明治維新を「革命」として描こうという意思表示ととらえるべきかもしれない。

歴史学の分野においても、明治維新を「革命」ととらえる考え方には、いろいろあるはずである。それをふまえたうえで、「革命」ということでドラマが展開することになるのだろう。

この「革命」のことば……「易姓革命」ということばでは古くからある用語である。だが、今日のような意味で使われるようになったのは、新しいことだろう。だが、そのようなことをいうのは、野暮である。ここは、「明治維新=革命」という歴史観に沿って、このドラマがつくってあるのだと、理解しておけばよい。その意図を鮮明にしたという意味でのスペシャルであった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/07/10/8912940/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。