山内昌之『歴史家の羅針盤』2016-10-29

2016-10-29 當山日出夫

山内昌之.『歴史家の羅針盤』.みすず書房.2011
http://www.msz.co.jp/book/detail/07568.html

山内昌之の書評集。みすず書房刊行のものとしては、これが三冊目になるらしい。(前の二冊は、まだ見ていない。買っておかないといけないかなと思っている。)

この本のタイトル、「羅針盤」が象徴的である。

このところ、山内昌之の書いたものをよく読むようになってきているのだが、この人、現代社会において「羅針盤」となりうる人であると感じる。その書いていることに、すべて理解できているというわけではないのだが、安心して読める。

まず、歴史家(イスラームの専門家)としての着実な歴史研究を基盤があって、そのうえで、現代社会、近現代の日本、世界の歴史を見る視点は、秀逸である。

この本は、編年編集になっている。中をみると、たとえば、塩野七生の本がいくつかとりあげてある。これは、現代の歴史家として、きわめて良心的な態度だと思う。(おそらく、西欧史専門の歴史研究者は、無視するのが通例だろう。)むろん、歴史書として評価してのことではないにしても、なぜ、今、塩野七生の本が読まれているのか、そのことは、十分に考えるべき問題であると思う。

書評というものは、その本を批判することにあるのではないと思っている。そうではなく、その本の魅力をどう伝えるかに眼目がある。そして、できることなら、その本のエッセンスを伝えて、読者の導きとなるべきものだろう。この意味において、山内昌之の書いた書評は、特に歴史関係において、貴重な仕事を残してくれていると思う次第である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/10/29/8237936/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。