電話機を新しくした2017-01-13

2017-01-13 當山日出夫

去年、我が家の電話機を新しくした。それまで使っていた電話機(親機と子機)が、時々、調子の悪いことがあった。外から我が家に電話をかけてきて、つながらないということがあったらしい。

その電話機にしたのは、今の住まいの建物を建てた時であったと憶えているので、たしか、20年ぐらい前のことになる。家の中の、どこかの場所で電話がとれるように、また、玄関のドアホンと接続できるように……ドアホンのボタンを押すと、家の中の電話機が反応する……そのような設定にした。

さすがに20年ちかくも使ってくると、寿命かなという気がしないでもない。現在の機種のなかで、子機をもっとく多く接続できる、また、ドアホンとも同時につながる、という機種を、電気屋さんにたのんで、設置してもらった。

結果として、私の部屋にも、その子機の一台がある。そして、私の部屋には、FAXもあれば、携帯電話もおいてある。着信したとき、どれが鳴っているのか分からないでは困る。今の電話機、それから、携帯電話は、着信音が選べるようになっている。ともかく設定を変えて、どの電話・FAXが鳴っているのか、分かるようにした。

私の携帯電話、電話の着信音は、アメイジング・グレイス、これは、昔、携帯電話を持ち始めたときから、これに決めている。家族からのメッセージ(駅に迎えに行く時間の連絡が主である)は、エンターテナーにしてある。電話機は、ジュピター。FAXは、デフォルトの着信音。これは、FAX専用であるから、応対する必要がない。

それにしても、家の自分の部屋にいても、電話、携帯電話、携帯メッセージ、FAXと、それに玄関ドアホン、いろんな音を聞き分けなければならなくなっている。これは、はたして便利になったのかどうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/13/8318883/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。