『江戸漢詩』から(その二)2018-12-09

続きである。
やまもも書斎記 2018年11月23日
『江戸漢詩』から
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/11/23/9002137

このところしばらく『失われた時を求めて』を読みふけっていた。そのせいもあって、また、日本漢字学会があったりもして、あまり他の本が読めていない。ちょっと前に書いたことの続きということで、済ませておきたい。この週末は、東京に行って来る用事もある。(文章は事前に書いておいて、東京の宿から朝にアップロードである。)

中村真一郎.『古典を読む 江戸漢詩』(同時代ライブラリー).岩波書店.1998 (岩波書店.1985)
https://www.iwanami.co.jp/book/b270253.html

中村真一郎の『江戸漢詩』という本は、とても興味深い。近代的な詩情というものについて、明治以降になってからではなく、古く江戸時代に淵源を求めることができる。それを断絶したものとして書かれているのが、一般の日本近代文学史であるのかもしれない。

適当にページをひらいて、目のついたところか引用してみる。「都市生活」という章立てのところからである。作者は、寺門静軒。

一架吟樓枕墨陀
黄頭郎自雨中過
雨於渠惡於儂好
簔笠衝烟趣更多

中村真一郎は、次のように読み下している。

一架ノ吟楼、墨陀(スミダ)ニ枕(ノゾ)ム
黄頭楼ハ雨中ヨリ過グ
雨ハカレニオイテハ悪ク、ワレニオイテハ好シ
簔笠烟ヲ衝キ更ニ多シ

評語は次のごとくである。

川べりに突き出している料亭の座敷から、雨のなかを舟を操って行く、簔笠姿の船頭を眺めている。広重の絵のような趣きである。

以上、p.111。

広重の浮世絵に近代につながる詩情を感じるとするならば、同様に、この詩においても心の感じるところがある。『失われた時を求めて』のような西欧の長大で重厚な作品を読んでいると、ふと、このような漢詩文の世界にこころひかれる。これもまた読書の楽しみである。

追記 2018-12-22
この続きは、
やまもも書斎記 2018年12月22日
『江戸漢詩』から(その三)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/12/22/9015697

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/12/09/9010092/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。