『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)(上)村上春樹2019-05-18

2019-05-18 當山日出夫(とうやまひでお)

騎士団殺し(1)

村上春樹.『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)(上)(新潮文庫).新潮社.2019
(2017.新潮社)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100171/

続きである。
やまもも書斎記 2019年5月13日
『ダンス・ダンス・ダンス』(下)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/13/9071854

『1Q84』から、基本的にさかのぼる形で村上春樹の作品(長編)を読んできている。そして、のこっていたのが、この最新の作品『騎士団長殺し』である。

これまで村上春樹を読んできて思うことを書いてみるならば……村上春樹は、現代において「異界」を描いている作家である、ということである。この世の世界とは別にある、しかし、この世からすぐそばにある、あるいは、この世が反転した別世界のように、「異界」はある。

『騎士団長殺し』は、文庫本で四冊になる。第1部の上巻を読んだ限りでも、「異界」への入り口が描かれる。

その一つは、主人公の家の敷地のなかにあった、石のほこら。そこから、ある夜ふけから、鈴の音が聞こえる。不審をいだいて、その石組みを解体してみることになる。そこにあったのは謎の空間である。まさに、これこそ「異界」でなくて何であるのだろうか。

また、家の屋根裏から発見された謎の絵……「騎士団長殺し」、これは何を意味するのか。

いや、そもそも、この小説の主人公は、肖像画家という設定である。肖像画も、また、この現実の世界から離れて、絵という異世界に人物をうつすことにほかならない。

謎の絵、肖像画を依頼した謎の人物、そして、謎の空間……これらをふまえて、この小説は、どのような展開を見せることになるのだろうか。次巻以降を楽しみに読むことにしたい。

追記 2019-05-24
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月24日
『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)(下)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/24/9076256

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/18/9073907/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。