『坊っちゃん』夏目漱石2019-11-07

2019-11-07 當山日出夫(とうやまひでお)

坊っちゃん

夏目漱石.『坊っちゃん』(新潮文庫).新潮社.1950(2012.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/101003/

続きである。
やまもも書斎記 2019年11月4日
『吾輩は猫である』夏目漱石
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/04/9172644

おそらく、漱石の作品の中では一番有名かもしれない。現代でも、中学高校生ぐらいで十分に読めるし、また、読まれている(だろうと思う)作品である。

新潮文庫版の解説を書いているのは、江藤淳。読んでなるほどと思うところがいくつかある。最も納得するところは……この物語は、正義感の物語であり、そして、直情径行な正義感は敗北せざるをえないものである……このような意味の指摘がなされている。そう思ってみれば、たしかに、この物語は、正義感の物語である。だが、その正義は、敗北することになる。

いったい何に敗北することになるのか。たぶん、「近代」ということになるのかもしれない。主人公「坊っちゃん」は、江戸の生まれである。江戸の文化のなかで育ってきている。また、行動をともにする「山嵐」は、会津の出身である。会津もまた、明治維新における敗北者であるともいえよう。その一方で、「近代」を代表するのは、文学士である「赤シャツ」だろう。そして、漱石から見れば、「赤シャツ」に象徴されるような「近代」は、まがいものにすぎない。

このような読み方は、やや強引かもしれない。だが、この物語が敗北せざるをえない正義感であり、前近代の価値観である……このことは、読みとっていいことだろうと思う。

ところで、この『坊っちゃん』を読んで感じたことだが、これもまた「落語」だな、ということ。バッタをめぐる中学生とのやりとり、あるいは、下宿の婆さんとの会話など、江戸ことばと、松山方言とをまじえた「落語」であると思う。

それから、今回、この作品を読んでみて……これも、久しぶりのことになるのだが……随所にある、漱石の文章のもつ叙情性ということを感じた。ふとした景色の描写、風景の描写が、実に詩的である。「坊っちゃん」は俳句にはとんと興味が無いようだが、しかし、この『坊っちゃん』という作品には、俳句的情緒を感じとることができる。

次に読もうと思っているのは、『倫敦塔・幻影の盾』である。

追記 2019-11-09
この続きは、
やまもも書斎記 2019年11月9日
『倫敦塔・幻影の盾』夏目漱石
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/09/9174436

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/07/9173811/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。