『ブッデンブローク家の人びと』トーマス・マン2017-05-04

2017-05-04 當山日出夫

トーマス・マン.望月市恵訳.『ブッデンブローク家の人びと』(岩波文庫).岩波書店.1969
上巻
https://www.iwanami.co.jp/book/b247748.html
中巻
https://www.iwanami.co.jp/book/b247749.html
下巻
https://www.iwanami.co.jp/book/b247750.html

北杜夫の『楡家の人びと』を読んだら、この本が読みたくなった。いや、この本は、若いときに手にした経験がある。だが、途中で(最初の方で)挫折してしまったような記憶がある。

たぶん、あまりなじみのないドイツ語の固有名詞(特に人名など)が、たくさん出てくるし、登場人物の関係が、その人名だけからはわかりにくい。

今、この歳になってもう一度読んでみたくなった。今は、第三巻目である。

今回、読み返してみて、こんなに面白い小説だったのか、と認識をあらたにした。『楡家の人びと』を面白く読むことのできる読者なら、この『ブッデンブローク家の人びと』も面白く読めるにちがいない。ただ、最初は、やはりとりつきにくいところのある小説ではある。

この小説については、いろいろ言えるだろうが、ここでまず書いておきたいのは登場人物……トーニ……のことである。

若いころ、学生のころ、日本文学、世界の文学の中で、どのような人物が魅力的か、特に、どの女性が好きか、というようなことを話した記憶がある。そのころの私の読書の範囲内でいえば、『罪と罰』のソーニャとか、『それから」の三千代とか、『片恋』のアーシャとか、思い浮かんだものである。

もし、その時に『ブッデンブローク家の人びと』を読んでいたら、文句なしにトーニの名前をあげたにちがいない。

それほど、この女性は、魅力的である。いや、魅力的、といったのでは十分ではない。特異な個性、ある種の傍若無人ぶりがありながらも、かわいく、にくめない性格。あくまでも人生を肯定的に生きていく。おそらく、この小説のなかで、もっとも個性的で魅力的な登場人物はといわれれば、このトーニということになるにちがいない。

そして、このトーニの人物造形をどことなく引き継いでいるのが『楡家の人びと』の龍子と桃子というふうに理解していいのだろう。似ているというわけではないのだが、作品を牽引していく個性的人物、それも女性として、この存在は大きい。たぶん、北杜夫も、このトーニをかなり意識して、書いたにちがいないだろうと推測される。

小説を読むということ、文学作品にふれるということ……今では、もう、あまりはやらなくなってしまったことかもしれない。だが、ある程度歳をとってしまってから、昔、手にした小説を再び読んで、ああ、こんな人物がいるんだ、と面白く思えるというのも、この世の楽しみの一つであろう。

魅力的な登場人物にであえる楽しみ、それこそ、小説を読むことの醍醐味にほかならないともいえよう。

この作品について書きたいことは、まだあるが、それはまた改めて。読み終えてからのことにしたい。

追記 2017-05-05
このつづきは
やまもも書斎記 2017年5月5日
『ブッデンブローク家の人びと』トーマス・マン(岩波文庫)(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/05/05/8543812

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/05/04/8523322/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。