『ひよっこ』あれこれ「明日に向かって走れ!」2017-04-23

2017-04-23 當山日出夫

ひょっこ
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/

ひよっこ、第3週、「明日に向かって走れ!」
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/03/

私の見た印象としてあげておきたいのは、次の三点。

第一は、東京オリンピックのときの日本である。そのころまだ私は小学生であった。1955年、昭和30年の生まれである。だから、その時のことは、かなり鮮明に記憶にのこっている。

まさに国民的行事だった。あえていえば……「日本人」の、その「国民」の「記憶」に残る出来事であったといってよい。

その年の、秋の運動会の時は、通例ならば、紅白に分かれて競技するところを、五輪の五つのチームに分かれての競技だった。また、近くの道を、聖火(これは本物)が通るというので、学校からそろって見物に行ったことも記憶している。

このドラマでは、このような、日本人の記憶にある東京オリンピックというものを、実にたくみに描いていたと思う。それによせる期待、それを、自分たちの村でも聖火リレーをやりたいと発案して実行する。

国立競技場のシーンで、この競技場は、出稼ぎに行っている父ちゃんがつくったんだよね、という子どもの台詞が、いかにも切なく感じられる。あるいは、国立競技場の建設に従事したということだけで、誇りに思える時代でもあった。

第二に、この聖火リレーをどうするかという青年会の場面。そのとき、村の若者たちのそれぞれに微妙な立場の違いが描かれていた。農家の三男だからどうしても村を出て行かざるをえないもの(三男)、東京に夢をいだいて出て行こうとしているもの(時子)、それから、逆に、長男だから村に残らざるをえないもの、出て行きたくても出られないもの(三男の兄、時子の兄)。

これらのそれぞれに異なる立場をふまえたうえで、最終的に、みね子は、東京に出る決心をすることになる。ただ、東京に出稼ぎに行く、行方不明になった父のかわりに働く、父を探す、というだけではない、村への複雑に屈折した思いへと、最終的にうまくつながっていると感じる。

第三に、土曜日の回。ちよ子がバスにのって東京に行こうとして、車掌(次郎)につれられて帰ってくるところ。ここで、次郎が言っている、バスにいろんな人をのせた、と。

さりげない台詞だが、ここで、バスというものが、村と東京をつなぐ「境界」の意味を与えられていることに気付く。民俗学的な解釈をすれば、ということになるが。こちらの世界、奥茨城村と、東京をつなぐものが、バスなのである。また、それは「境界」の空間でもある。

この意味で思い起こしてみるならば、以前の朝ドラ『あまちゃん』で、北三陸駅が、ドラマの主な舞台になっていたことの意味が理解される。駅は、こちら(北三陸の海女の世界)と、あちら(東京のアイドルの世界)をつなぐものである。その列車のなかで、地元のアイドルとして、潮騒のメモリーが歌われる。列車、そして、駅は、こちらとあちらをつなぐ「境界」の空間だったのである。

以上の三点が、今週、このドラマを見て感じたことである。次週は、いよいよみね子が上京することになるようだ。これも、楽しみに見ることにしよう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/23/8497098/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。